貴重品をレンタル倉庫で保管したい?それならばセキュリティを重視!


セキュリティ重視ならビルタイプを選ぶべき!

レンタル倉庫を検討している方の中には、貴金属や毛皮あるいは骨董品や絵画など、高価な物品の保管を目的としたケースもあるはずです。そこでレンタル倉庫を選ぶにあたっては、セキュリティの充実度も重要な目安になります。ただし一口にレンタル倉庫といっても多種多様なタイプがあり、その中にはセキュリティが脆弱なものもあります。特に屋外タイプの倉庫では、無人の敷地に複数のコンテナを並べ、個々の扉に南京錠をしただけというように、セキュリティ面に不安を感じさせるものがあるのも事実です。

そこでおすすめするのが、ビル一棟を丸々活用したような、屋内タイプのレンタル倉庫。ビル全体に数々のセキュリティシステムを完備し、抜群の安全性を誇る倉庫が目立ちます。高価な物品を保管するならば、もちろん屋内タイプを選ぶべきなのは言うまでもないでしょう。

セキュリティの充実度を見極めるポイントは?

屋内タイプのレンタル倉庫でセキュリティの充実度を見極めるには、次のポイントを知っておくと便利です。まずは建物の出入りの部分。ここで入館証やセキュリティカードあるいは暗証番号などによって、部外者の侵入を防いでいることが重要です。次に物品を格納しているスペースへ至るまでの、廊下やホールのセキュリティも大事。防犯カメラをはじめエレベーターの使用制限、あるいは受付スタッフの有無や巡回時間など、よく見極めましょう。

さらに個々の格納スペースでは、南京錠やキーカード等で厳重に扉を施錠できるか、しっかり確認しておくことも大切なポイントです。この他にも警備会社と提携しているレンタル倉庫であれば、万が一の場合にも警備隊員が駆けつけてくれます。この点も、チェックしておくとよいでしょう。

3PLを導入することによって、現場の見える化、物流コストの圧縮、変動費化などの効果を期待することができます。